らぃとって発音できないとか言うなよ・・ こっそりと・・
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
こっそりと・・
2013 / 11 / 04 ( Mon )
日曜日に徳島マツダにいって1.5LのアクセラHBとアテンザXD Lパッケに試乗してきました。

最初にアクセラに試乗。

まぁ今乗ってるのが軽なんで1.5Lでも十分感動するレベルの出だしと走り。

お値段がお値段だから当たり前だけど実際乗ってみるとやっぱり「新車」なのに「目新しいもの」がマツダコネクトぐらいしかなくてインテリアがチャチイっていってたミサルンの言うとおり感は否めないかも。

よく言えば「THE・車!」って感じ。悪く言えば普通の車。

かなり前から流行りのi-stopも体感。信号待ちでブレーキを強めに踏めばエンジンが止まる。ブレーキを話せばエンジンがかかる。

これは外周りの仕事でよく信号待ちとかでエンジンの止まる軽とか見てるから気になってたんだけど、マツダのi-stopはしっかり車が止まってからエンジンが切れるタイプのもの。

ダイハツとかのは燃費気にしすぎで減速中にエンジンが止まったりして減速中に信号が青に変わってブレーキ離してアクセル踏む時にエンジンがかかって結構ガッタンガッタン揺れてるの見たことあるので気になってたけどそこんトコロはちゃんとしてた。

ちなみにほかのアイドリングストップ機能付きの車に乗ったことないからわからないんだけど、i-stop中でもブレーキから足を話さなくてもハンドルを切るとエンジンがかかったりもする。 ちなみにi-stop中はもちろんパワステが切れてるんでハンドルは切れません。切ろうとしたらエンジンがかかるっていうのが正しいのかも。

現行型からアクセルペダルがオルガン式に変わったのもミソ。

トラック乗りのワタクシには馴染みの深いオルガンペダルですが、ハッチバックやセダンにオルガンペダルは慣れるまでちょっと気持ち悪いかもしれない。


トラックや軽とかバンとか背の高い運転席に「座って」運転する姿勢だとオルガンペダルはすごい運転しやすいんだけど、セダンやハッチバックみたいな背の低い足を伸ばして運転する姿勢だとオルガンペダルは逆にちょっと踏みづらい気がした。

座ってる状態だと足首はほぼ90度に近い角度になるんで足首を動かしやすいけど、足を伸ばした状態の姿勢だとアクセルに足を置いた時には既に足首を伸ばしてるわけで、そこからアクセルを踏もうとすれば足ピーン状態になるわけですよ。大げさですけどねwww

アクセラもアテンザも3ナンバーでちょこっと大きいわけですが、普段乗ってるのが軽なんで余計に最初乗り出す時はシートに座った瞬間視線が低いのと車体の前方がほぼ視界に入らない(軽に比べるとって意味で)ので若干心配でしたが、実際乗ってみると左側だけ多少気にしてればほかはまったく気にならないレベルで運転しやすい。

試乗コースが狭くて一般道な上に5分程度と短かったけど、60km区間とちょっとした山道があって、なか1.5LのアクセラHBをそのコースで走らせた感じを素直に言うと、そこまで感動がない。

もちろん試乗なわけで、助手席には営業さんが乗ってるし、自分の思う通りに運転っていうか気を使って運転したんでアクセラ本来の動きが出せたとは全く思わないけど、1.5Lに何を望んでるんだと思われるかもしれないけど、加速にスポーティーさが無い。どん亀とは言わないけどアクセラスポーツと唄うのなら1.5Lは無い。

20Sの試乗車が出たらそれも乗ってみたいなー。20Sだとさすがに内装も違うし馬力も排気量もトルクも違うからまた違う感覚になるのかしら?



んで次はアテンザ。

これは正直ビビった。

クルマの雑誌やプレビューなんかにも書いてあるけど、ディーゼル特有のカラカラ音。たしかに聞こえる。聞こえるけど試乗車は聞こえるか聞こえないか程度にラジオが付いてただけで、ワタクシなんかは運転中ほぼ爆音で音楽垂れ流し-のシングアソングなんで音楽を普通に聞きながら乗る人ならほぼ聞こえないんじゃないかってレベルの音。

このカラカラ音が気になる人はたぶん音楽とか聞かない静かに車を乗る人なんだろうなと思う。
そう言う人はディーゼルじゃなくてハイブリッド乗ればいいと思う。

とにかくディーゼルのカラカラ音が気になったってよく書かれてるけど、それはたぶん今までガソリンエンジン車しか乗ってきてないからだと思う。
逆にワタクシは普段からトラック乗ってるんでそっちのディーゼル音がでかすぎて気にならないのかもしれないけど・・・。

んでアテンザには6wayパワーシートがついてたんだけど、これは便利だねぇ・・。

しかもメモリーに運転者&搭乗者を記憶させておけばそれに合わせてシート調整してくれるっぽい。さすが。
アクセラにも是非Lパッケ意外にもオプションで付けていただきたい。超快適だった。


いざエンジンをスタートさせて一般道へ。

これまた雑誌の記事やレビューを見て楽しみにしてたトルクフルな走りとやらを見せてもらおうか!と思ったけど、出だしはやっぱりオルガンペダルに苦戦する。

んで一般道にでて少し踏み込んでみる。15kmぐらいまではヌーっとした出だし。

え?トルクフル?そらまぁドッカンスタートされても困るけどなんか出だし重いなぁと思いつつタコメーターをチラ見。

1400回転程度。まぁそらそうだよね。というわけで踏み込まずそのままヌーっと加速し続ける。
20kmを越えたあたりから例のトルクフルが現れ出す。
グイグイグーっと前に押し出すように車が加速し始める。アクセルは相変わらず足をおいてるだけ。

1400~2300回転ぐらいの間であっという間に60km。
そしてそのまま足を置いておくと60kmを維持するのが大変なぐらいの勢いでまだまだ加速していく。

試乗車だしスピード違反するのもアレなんでできれば60kmで走りたかったんだけど、この中速域を維持するのが大変なレベルのトルク。

営業さんも言ってたけど、何気にディーゼルで一番困るのは一般道を走る事だそうな。
中速域をうまく維持できるようになるまではこれまた慣れが必要になってくると思う。
それまでは踏んで離して踏んで離してかクルーズコントロールしかなさそう。
ある意味じゃじゃ馬な感じ。


そして急な上り坂ではないけど山道へ。

ここでもディーゼルのトルクフルな走りが光る。

上り坂なのに平坦な道を走ってる時となんら変わらない加速ぶり!

道が狭いんで対向車とか来たりカーブの度にアクセルから足を離して上り坂で減速。んで加速を繰り返してたんだけど、この加速がまたすごい!

平坦な道を走ってる時となんら変わらない加速と回転数の上がり具合!ATの変速も回転数が上がってから変速するわけじゃなくてホントに普通に平坦な道を走ってる時と変わらない!目つむって後部座席に乗ってるだけなら上り坂を登ってるのかどうかすらわからないレベルだと思う。

これはディーゼルスゲェわの一言だった。




んでアクセラの時と同じで、アテンザはアクセラよりももう一回り大きな車体だけど、でかいくせに運転中はそのでかさが気にならない運転のしやすさ。試乗終わって車から降りた時にアテンザを見て営業に向かって「うわ、アテンザやっぱりデカイなwww運転中は全然気にならないけどww」って言っちゃうレベル。


あとはそりゃそうだろって話だとは思うけど、アクセラとアテンザではやっぱりコンセプトが違うからハンドリングとかの味付けも若干違うかった。

アクセラの方がハンドルが若干重めででかいくせにアテンザのハンドルは軽かった。
走りを楽しむ車と乗って楽しむ車の違いがわかりやすくでてたのはこのへんかなーと思う。


アクセラのXDは高すぎて手が出ないので、20S試乗できたら乗ってみて感じが思うような物ではなければアクセラハイブリッドでも良いかもしれない。
アクセラHVは雑誌とかレビューで結構ボロクソに言われてる(マツダらしさが無い的な意味で)ようだけど、俺はどっちかっていうとマツダらしさっていうよりは見た目が好きでアクセラorアテンザなんでこの見た目で燃費がよくてモーターの出だしが出せるのならHVも全然アリだと最近思い始めてる。っていうかXDがベストだけど高すぎるんですよ!

スポンサーサイト
22:19:36 | りある | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<というわけで九州に行ってきました | ホーム | チラシの裏>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://carnivalsasu.blog79.fc2.com/tb.php/876-eeffc68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。