らぃとって発音できないとか言うなよ・・ 今日は
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
今日は
2007 / 05 / 05 ( Sat )
MIXIの日記を真剣に更新してたら1時間ちょいかかったので、今日もMIXIの日記をコピペでつ^^^^



今思ったけど、まとまらない文章ですね、あいかわらず^^^^

こんなんで卒論かけねぇなwww
卒論がケータイ電話の事なのでね。

今回は前回みたいに難しい記事ではなく、誰にでもわかりやすい事を、っていうか知っておけバカ者よ。







あ・・・ついつい暴言を。



サーセンwwwwww





で、マジメな内容ですな。

えーと、もうかなり前から「0円携帯」やら1円やらで売り出してる携帯電話があるので、ソレはご存知でしょうな。


コレは、誰が考えてもわかるだろうけど、販売会社からすれば、何万円も出して仕入れてる端末を0~1円で売るのだから『損』なのは当たり前です。

だが何故0円で売れるのか・・・・・・・


ちょびっと考えたらすぐわかるだろうけど、通信事業社が販売会社に「販売奨励金」というモノを出している。っていうのが答えです。



よって現在、最新端末以外の端末(0円やら1円やら)での利益で販売会社が生きているのではなく、構図にすると




[利用者]→→→→→→→→→→→→(利用料金)    
  ↑               ↓
(端末販売(0~1円端末とする)    ↓
  ↑               ↓
[販売会社]←(販売奨励金)←←←←[通信事業社]


となります。お金はこの世を巡るものなのでコレはコレでOKなのですが、一つ問題があります。


そもそも、販売奨励金ってのはいくらぐらいになるのか。


んでもって、販売奨学金とは何か。


そして、販売奨励金がどこから出ているか。





まずは、販売奨励金の額がいくらなのか・・・その問いについて答えを出しましょう。



世代遅れの端末とて、その端末を作る会社が定めた希望小売価格というものが存在します。

そしてソレは端末を作る会社が、原価と利益を得られる価格で設定されています。


もし、領収書が残っている人は確認してみてください、どんなに0円やら1円で「お持ち帰り」してきた端末でも、領収書にはその端末の単価が書いてあります。


しかしその端末が0~1円で買えてしまうのです。


それでも販売会社には利益があるのです。


某ニュース記事では「某会社(ニュースには書いてあるけど一応伏字で)は1台あたり3万7千円の販売奨励金を支払っている(07年3月決算からの計算)」とある。


この1台あたりという文字に注目してもらいたい。


KDDIであろうとDOCOMOであろうとソフトバンクであろうと、最新機種は何万円もするものである、DOCOMOにいたってはヤタラ高い。


それでも新規でかったり契約満了での機種変で買い換えたりした場合、3万7千を超えることがあるだろうか?



DOCOMOの最新端末であれば越えることはあるだろうけど、それでも最新端末が0~1円で買えはしない。


たとえば、最新端末の単価が5万円だとして、販売奨励金の3万7千円を引く。残り1万3千円だが、販売会社はその端末を2万で売りに出せば、販売会社には7000円の利益がでるのだ。


コレは、利用者にとっても3万円安く買え、販売会社にとっても7000円の儲けであり、損するのは通信事業社のみであると考えられる。


実際に俺は前のケータイ(SH900i)を買ったとき、領収書には5万と書かれていて、本体自体は2万2千円で買い換えた。



とまぁ、そんなやり方であるのが「販売奨励金」である。



で、何故その販売奨励金の話を書いたのかというと、コレには「それはちょっと・・」と思う話があったので書いてみたのである。


1台あたりの販売奨励金が3万7千。


よく考えてみよう、年間何千万台も売れている携帯電話1台に支払う販売奨励金が3万7千円なのだ。



単純に考えて数千億円を通信事業社が払う事になる。



とりあえず、その数千億円を払う通信事業社が4社あるわけだが(KDDI、DOCOMO、ソフトバンク、ウィルコム)4つで割ってもかなり厳しい額になることはわかるだろう。



で、最後の問い「販売奨励金はどこから出ているのか。」の答えを出そう。



単刀直入に言えば、利用者からの月々の携帯電話利用請求料金から「販売奨励金」がでているのである。


俺らより少し年上の人ならわかるかもしれない話だけど、ビールとかお酒類って10年くらい前?と比べて高くなりましたよね?


あれは、製造会社が「販売奨励金」を出していたために、1本あたりの販売価格を抑えていたためになりえた販売額であり、それが廃止されたために、今お酒の値段が高いんです。



と、すこし話がそれましたが、もうちょっと詳しく書きましょう。



つまり、利用者が月額払っている携帯電話請求額の何%かは「0~1円で買った端末の代金」として、月々払っているわけなんです。


そしてそれは、何万円も出して買った端末を利用している人も同じなのです。


その額は推定で「月々1500円」にもなるらしい。


あまり携帯電話を使わない人で月5~6千円ぐらいだろうか、その4分の1は「販売奨励金」に支払われているのだ。


携帯電話の端末が0~1円で買えるから良いだろ?って考えしてる人も居るだろう。


だけど、普通携帯電話ってのは1年ぐらいは使うものではなかろうか、12ヶ月の間1500円ずつ払えば1万8千円にもなるのだ。


ソフトバンクにある「2年契約で料金格安」ってのは、2年契約中に3万6千円取り戻せるってのがあるのからでは・・?


だから通信事業社はこぞって「利用者」を獲得しようとしている。その分通信事業社や販売会社に帰ってくる額が大きくなるからだ。


これを総務省は廃止にしたがっているようだが、この「販売奨励金」制度を賛成するかどうか、みんなも考えてみたらいいと思う。


高い端末を「分割」で買っていると思える人もいれば、「だったら請求額今より1500円程度安くなるんだろ?」って思う人もいるだろう・・。


俺としてはだいたい1年周期で買い換えてるので特に気にはしてないけど、この制度が廃止されたら、携帯電話の機種変更が難しくなるってのはよくわかるわけで、通信事業社たちが毎期発表してくる「新事業」(今で言うとワンセグやら)の普及も遅くなるだろうしね。



さて、どうなるモバイル端末業界。
スポンサーサイト
02:02:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<虫の知らせというか・・・ | ホーム | たまってたSS>>
コメント
----

おーー ねえさんが真面目に話しているww
でもこれは常識ですぞw

ちなみに携帯を持っていない僕には関係ありませんなww
by: 晴嵐 * 2007/05/06 03:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

晴嵐さん携帯持ってないんですかw
by: 怜奈怜奈 * 2007/05/06 05:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

性乱さん>マジメに話してるって・・wwどういうことww常マジメ^^^^


怜奈>持ってないほうが、カッコヨクナイカ?
by: らぃと * 2007/05/07 05:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://carnivalsasu.blog79.fc2.com/tb.php/108-a7e421cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。